福岡市南区の家具の修理事例

E.Yさんの場合

大学を出て就職した会社で、初めてお給料をもらった記念に買ったのが、安楽椅子でした。とても座り心地がよくて、読書好きな私の、最高のくつろぎスポットです。もう10年は使っているので、最近は少しきしみが酷くなりました。


裏返してみると、木にひびがはいっている箇所もあったので、家具修理をお願いすることにしました。ついでに座る部分の布も張り替えてもらって、ぴかぴかの新品みたいです。きしみもなくなって快適に読書できそうです。

H.Tさんの場合

桐たんすの美しさは何と言ってもその白さなのですが、何年も使い続ける内に白さとは程遠い色に変色してしまったのです。味があっていいと言う方もいらっしゃいますが、私はやはり純粋な白さを誇るたんすの方が好みでした。


そういった訳で、家具修理店にたんすの白さを蘇らせるための修理をお願いしたのです。表面は勿論のこと、抽斗の中や扉の内側まで全部磨き上げてもらいました。仕上げに白いロウを引いて頂き、完全な形で自宅に戻ってきました。

福岡市南区の詳細地域の口コミ

  • 大野城市/筑紫郡那珂川町/朝倉郡筑前町/春日市/福岡市中央区/朝倉郡東峰村/
※家具修理の費用、価格、料金についても随時掲載していきます。
※近隣の地域の口コミも含まれています。
 
このページの先頭へ